KONAN Ch. vol04 SPECIAL TOPIC KONAN Premiere Project キャンパスに英会話カフェがオープン? これが甲南大学ならではのグローバル教育。 KONAN Global Zone

Introduction

甲南大学岡本キャンパスに新しく誕生したグローバルゾーン「Porte」。そこは、学生たちが主役となって国際交流の輪を広げることのできる環境です。英語などの外国語を使ってゲームや会話を楽しむ「KONAN Language LOFT」と、留学生と日本語でお互いの文化を語り合う「あじさいるーむ」、そしてさまざまな言語でコーヒーを片手にコミュニケーションできるグローバルラーニングコモンズ「Café Porte」。この3つのスペースが共存するオープンなエリアです。

Members Let’s talk about the Global Zone!!

イギリス留学をめざしています! 文学部 1年生 橋川 航 / サンディエゴに半年間留学していました! 文学部 4年生 中西 里歩 LOFTアシスタント / イギリス、リーズから来ました。 交換留学生 リーズ大学 文学部 Lisa Johnson-Davies LOFTチューター

Point 01 リラックスすることからはじまる、英会話コミュニケーション。

Point 01 リラックスすることからはじまる、英会話コミュニケーション。

橋川さん
ここの魅力は、なんといっても入りやすいことですね。オープンカフェスタイルなので、最初は英語に関心がなくても休憩とかで気軽に立ち寄れる。
中西さん
それでいて周囲には英会話があふれているから、ただ普通にコーヒーを飲んでいるだけでも英語に慣れていくんですよね。
Lisaさん
外国語でコミュニケーションするには、まずリラックスすることが大切ですから、こうしたカフェスタイルは理想的だと思います。
中西さん
最初はあまりしゃべってくれない人でも、ここで30分もくつろいでいると、自然と会話に参加しはじめたりするしね。

ベーグルバーガーなど、ここだけのカフェ・メニューも人気。

カフェスタイルでランチが賑やか!
橋川さん
留学生にも人気のスペースなので、いろんな国の人と仲良くなれます。週に3回ぐらいはここに来ますけど、気軽にメールアドレスを交換したりして。留学生の友人がかなり増えました。
中西さん
ここでしか食べられないオリジナルのメニューがあり、ランチタイムはかなり盛況になるんですよね。
Lisaさん
だから最初から「英会話を勉強しよう」と意気込まなくても良いんですよ。ランチを食べたり、のんびりしながら、この場所に親しんでいって欲しい。
中西さん
入学したばかりの1年生とか、最初からいきなり留学生と英会話といっても難しいでしょうし、ゲームとかを通じて少しずつコミュニケーションに慣れていけば良いんじゃないかな。
Point 02 ステップアップしながら学ぶ英会話で、留学準備としても最適。

Point 02 ステップアップしながら学ぶ英会話で、留学準備としても最適。

海外の雑誌や書籍もたくさん!グローバルイベントを毎日開催!
中西さん
残念なのが、わたしが留学する前にこんな場所がなかったこと!もしもあったなら、留学準備がもっとスムーズにできたと思います。
橋川さん
ぼくも留学希望なんですけど、ここはやっぱり留学に役立ちますか。
中西さん
もちろん。留学前の事前準備そのものについては、授業などを通じていろいろと細かくサポートしてもらえますよ。留学のための英語集中コースとかもありますし。おかげで留学先でもしっかり単位を取得できて、大学を4年間で卒業できるようになりました。
橋川さん
長期留学しても4年で卒業できるというのは大きいですよね。
中西さん
甲南大学は、その辺のシステムも整備されているから助かります。でも、それとは別に、こういう場所で“耳を慣らす”というか、留学前から英語にあふれた環境で過ごせるというのは留学先でのスタートがだいぶ違うと思う。だからこそ、もっと多くの人に活用してもらいたいんです。
Point 03 学生同士での会話だから、授業よりも自然に英語が楽しめる。

Point 03 学生同士での会話だから、授業よりも自然に英語が楽しめる。

Lisaさん
チューターとしては、自分の活躍できる場があってうれしいですね。できるだけ多くの人が会話に参加できるよう導いてあげることを意識しています。かんたんな質問など、どんどん声をかけるようにして、仲良くなるきっかけをつくりたい。
中西さん
留学で身につけた英語力をアシスタントとして活かせることが最初は魅力でしたけど、いまはよく顔を見る人、リピーターの人の英会話がどんどん上達していくのを見ているのが楽しいんです。最初はゲームで「Oh」とか「No」とか言っているだけで良いけど、それだけで終わらずに、やっぱり“会話”ができるようになってほしい。
橋川さん
ぼくも、ここでは貴重な経験をいろいろとさせてもらっているから、来年からは、新しく入学してきた1年生が「Porte」を積極的に利用できるようにサポートできればと思います。

Global Zone 「Porte」

  • KONAN Language LOFT

    KONAN Language LOFT

    学生は授業の空き時間に気軽に立ち寄り、留学生と交流することができます。また、留学生はTutorとして、甲南の留学帰国学生の多くはAssistantとして後輩学生をサポートします。

  • あじさいるーむ

    あじさいるーむ

    甲南大学の外国人留学生のコミュニケーションスペースです。留学生に日本語や日本文化を教えてあげることから、国際交流がスタートします。

  • グローバルラーニングコモンズ

    グローバルラーニングコモンズ
    Café Porte

    オープンカフェを併設した、グローバルラーニングコモンズCafé Porte。学生はコーヒーを片手に留学生と勉強したり、話したりできます。

国際交流センター

Thomas Michael MACH

Message 授業とは違う、学生たちが主役となって学ぶ生きた英語。

甲南大学 国際言語文化センター准教授
Thomas Michael MACH

甲南大学にグローバルゾーン「Porte」を開設した理由は、まず実用的な語学力を身につけるためには、いままでの授業時間ではやはり足りないということ。同時に、もっと自然な英会話スキルを身につけてもらうためにも、授業とは違ったプレッシャーのない環境を用意したかったからです。そのための方法は以前から検討していたのですが、KONAN プレミア・プロジェクトに選ばれ、学部を問わず専門力と国際力、行動力を身につけることができるグローバル教育をめざすという「融合型グローバル教育」の一環になってから構想が加速しました。

グローバルゾーン「Porte」

この「Porte」では、外国語教員全員がさまざまなイベントを定期的におこなっていますが、ふだんの運営は学生が主役なんです。海外からの留学生にはチューターとして、在校生の海外留学経験者にはアシスタントとして参加してもらい、彼らを中心に多くの学生同士が英語でコミュニケーションできるような雰囲気をつくりだしています。あくまでも学生が中心となる国際交流スペースというのは、同様の取り組みをしている他校でもあまり見かけない、とても甲南大学らしい環境ですね。

  • CLOSE

大変申し訳ございませんが、当サイトはこのブラウザでの閲覧に対応しておりません。
一部コンテンツが正常に表示されない可能性がございますので、
お手数ですが下記ブラウザでの閲覧をお願いいたします。