おしゃれな街・神戸の私立大学として100年の伝統を持つ甲南大学で、充実の学生生活を送りませんか。

  • 新着情報 NEWS

    フロンティアサイエンス学部、科学の最前線に触れる!~サイエンスライブチケット~

    2018.8.9(木)フロンティアサイエンス学部
     フロンティアサイエンス学部(FIRST)では、他大学や企業の方々を講師にお招きして、科学の最前線についてご講演いただく講演会を「サイエンスライブチケット」と名付けて、定期的に開催しています。
     
     8月1日(水)、FIRSTの臼井准教授が所長を務める非電離放射線生体環境総合研究所の共同研究者3名の方々に、現在取り組んでおられる研究について講演いただきました。
    FIRSTの学生の他、知能情報学部や東京農工大学の学生が参加し、サイエンスライブチケットを通して最先端の研究に触れることができました。
     
     講演会では、まず最初に甲南大学知能情報学部の梅谷智弘先生に「ロボット技術(RT)を利用したナノ材料反応システムの空間計測」というタイトルでご講演いただきました。
     
     
     次に龍谷大学理工学部物質化学科の富崎欣也先生に、「ペプチド集合体が遺伝子を細胞内へ運ぶ」というタイトルでご講演いただきました。
     
     
     
     最後に、東京農工大学生命工学専攻の川野竜司先生に「分子でロボットを造る!」というタイトルでご講演いただきました。
     

     
     ナノ分野、バイオ分野はもちろんのこと、ITも含めた最先端の学際的な内容である3人の先生方のご研究の成果を拝聴でき、学生の皆さんは大いに刺激になったのではないでしょうか。
     
     講演の合間には、7階のカフェテリアにおいてFIRST学部4年生・大学院生の他、知能情報学部、東京農工大学の学生達が自分たちの研究成果を発表しあうポスター発表会を行い、活発な意見交換ができました。

     
     最後にはポスター発表の表彰式が行われました。審査結果や受賞者のコメントは、フロンティアサイエンス学部公式ブログ「サイエンス島の学生研究者たち」をご覧ください。

     
    【ポートアイランドキャンパス事務室】
    • CLOSE

    大変申し訳ございませんが、当サイトはこのブラウザでの閲覧に対応しておりません。
    一部コンテンツが正常に表示されない可能性がございますので、
    お手数ですが下記ブラウザでの閲覧をお願いいたします。