甲南大学を知る4つのキーワード!

甲南大学って、どんな大学?それは受験生が感じる、最初の疑問。
知ってもらいたい魅力“甲南らしさ”はいろいろあります。まずはみんなに知ってもらいたい4つのキーワードに絞って紹介します!

Keyword 01 神戸 国際性豊かなこの街が、大学生活の舞台。

甲南大学の岡本キャンパスは神戸市東灘区にあり、閑静な住宅街を抜けた山の手エリアに位置しています。1868年に外国船の停泊地として開港されて以来、西洋文化流入の先駆けとなった国際都市・神戸。その中心街である三宮にほど近い環境にありながらも、緑あふれる静かなロケーションです。

また、総面積80,000m²もの空間に関西の大学屈指となるスポーツ施設を整えた六甲アイランド総合体育施設や、マネジメント創造学部(CUBE)のある西宮キャンパス、フロンティアサイエンス学部(FIRST)のあるポートアイランドキャンパスなど、いまではキャンパスのネットワークが拡大。国際性豊かな神戸を舞台に、充実した大学生活を送ることができます。

Keyword 02 100年 現代にも通じる人物教育をめざした建学の精神。

甲南大学の前身となる甲南中学校が岡本に開校されたのは1919年。つまり100年の歴史が岡本キャンパスにはあります。創立者である平生釟三郎が開校当時から掲げた教育理念は「人格の修養と健康の増進を重んじ、個性を尊重し、各人の天賦の才能を引き出す」というものでした。

当時からすでに知識詰め込み型の画一教育に疑問を感じ、世界に通用するほんとうに優れた人材を育成することを第一義としていたのです。この校風は100年後の現在もしっかりと受け継がれ、 学部の境界を越えた共通教育をはじめとした独自のカリキュラム、全学部生を対象にした融合型グローバル教育早期から行うキャリア教育など、甲南大学ならではの制度や設備へと発展。社会の第一線で活躍できる人材を数多く送りだしています。

学部の境界を越えた共通教育 全学部生を対象にした融合型グローバル教育

Keyword 03 ミディアムサイズ いつも身近に発見がある。すぐに手がとどく。

一人ひとりの顔が見える少人数教育を基本とする甲南大学では、キャンパスのサイズも広すぎず、狭すぎず、ちょうど良いスケールで施設がレイアウトされています。それでいて人文科学、社会科学、自然科学の8学部14学科を有する学生数約9,000名のミディアムサイズの総合大学です。だからこそ、専門分野だけにとどまらず、さまざまな刺激が日常的なキャンパスライフのなかにあふれています。

文学部だから、理工学部だからという境界にとどまらず、好奇心が高まり、興味や関心をもったことにどんどんチャレンジしていける。そんな“融合”を大学としてもどんどんサポートしています。自分の新しい可能性が身近に見つかる、見つけた未来に手を伸ばせばすぐに届く。そんな密度の濃さを実現できるのも、このミディアムサイズのキャンパスのおかげです。

(8学部14学科)

  • 文学部
  • 法学部
  • 経済学部
  • 経営学部
  • マネジメント創造学部
  • 理工学部
  • 知能情報学部
  • フロンティアサイエンス学部

Keyword 04 INFINITY(∞)学生の成長している実感から生まれたキーワード。

「甲南大学らしさ」とはなにか。それを一言で表すワンワードを決めよう。そうしたプロジェクトから学生・教職員の投票で選ばれたのが「INFINITY」でした。

自分たちはまだまだ完成形ではない、もっともっと成長していける。いま見えている世界がすべてではない、まだまだ新しい出逢いが待っている。学問・研究だけでなく、サークルやイベント、ボランティアなどの活動を通じて自分でも知らなかった可能性に気づき、無限大の未来を夢見ることができる。それが甲南生たちの実感なのです。大学としても、こうした気づきに触れる機会を増やすため、サーティフィケイト制度などのプレミア・プロシェクトを推進。100周年事業の一環として完成したiCommoms(KONAN INFINITY COMMONS)も、新たな創造を生みだす「学生生活の拠点」「キャンパスの結節点」となっています。
甲南大学ならきっと、きみのなかにある無限大の可能性が見つかります。 

学部の境界を越えた共通教育
  • CLOSE

大変申し訳ございませんが、当サイトはこのブラウザでの閲覧に対応しておりません。
一部コンテンツが正常に表示されない可能性がございますので、
お手数ですが下記ブラウザでの閲覧をお願いいたします。