新着情報 NEWS

BP長期インターンシップ企業面談会が実施されました

2020年9月01日(火) 経営学部新着情報

 8月6日に、BP 11期インターンシップ企業面談会が実施されました。

 経営学部BL(ビジネス・リーダー)養成プログラムのBP(ビジネス・プロフェッション)コースでは、3年次の9月から11月までの3カ月間、長期インターンシップが実施されます。BP 11期では、15名のコース生が、神戸信用金庫、株式会社神戸ポートピアホテル、株式会社シマブンコーポレーション、株式会社パソナグループ、三ツ星ベルト株式会社、ヤンマー株式会社の6社に派遣されます。面談会では、学生が派遣先企業の担当者と初めて顔合わせをする機会でした。

 前期の講義はほとんどがオンラインで実施されていたため、対面での授業はほぼ半年ぶりです。緊張した様子の中にも、お互い久しぶりに会える喜びが溢れていました。全員でガイダンスを受けた後、本学の平野専務理事によるマナー講座を受けました。その後、企業ごとに教室に分かれ、受け入れていただく企業の担当者と面談をしました。企業からは、3カ月間のプログラムや、初日通勤の注意点等の指示を受けます。学生からは、それぞれが受け入れのお礼を述べ、自己紹介をしました。コロナ感染防止のため、従来の出勤を主とするインターンシップと並行し、今年はオンラインでのインターンシップも実施されます。企業でも従業員を対象にテレワークが行われているためです。オンラインへの移行は、新しい働き方の1つだと考えられます。インターンシップも新しいスタイルで実施されると考えられます。

 BPコースは1年次の末にコースへの所属が決まり、2年次から特別な講義が始まります。11期生は、これまで1年半かけて財務分析、社会調査法、経営コンサルティングなどの講義を通じて、経営実務に近い学びをしてきました。9月からいよいよインターンシップが始まることが実感できる半日となりました。
(経営学部教授 奥野明子)