新着情報 NEWS

【経営学部】西村順二研究室の2・3年ゼミ生が兵庫県の福崎町を研究視察しました。

2020年2月21日(金) 経営学部新着情報

 2020年1月31日、西村ゼミの2・3年生9名が、神戸新聞社主催のМラボ「地方が面白くなる大学ゼミツアー」で、兵庫県の福崎町を訪問・視察しました。一行は、地域活性化に基づく製品開発やコミュニケーン戦略を研究しているため、今回は妖怪による町おこしを進めている福崎町で観光施設を視察、また地域活性化を進める街づくり会社PAGEの担当者や福崎町役場の担当官から、地域に対する思い、地域を活性化させる意義やその仕組み、さらには地域活性化を進める諸課題をヒアリング調査しました。

 地域課題の多様性やその解決の難しさを学ぶ貴重な経験となりました。学生たちは、今後の研究に活用するべく、多くのインプットを得、刺激をもらえた充実した1日となりました。


河童や妖怪を観光資源とする辻川観光交流センター前にて、西村ゼミ2・3年生と西村教授

2020年2月5日付神戸新聞朝刊(転載許諾済)