新着情報 NEWS

オープンキャンパス模擬講義(2019年8月)

2019年8月08日(木) 経済学部新着情報


 8月4日(日)のオープンキャンパスにおいて、「スマホと大学選びの共通点とは」というテーマで模擬講義を行いました。

 講義中、「なぜ、貴方はスマートフォンを持っているのですか?」と問いかけたときの、高校生の皆さんのキョトンとした顔が印象的でした。

 今やスマートフォンを持っていない若者を探す方が難しく(本日の講義出席者の中でも、お持ちでない方はお二人のみ(内、お一人はご父兄の方))、あまりにスマホを所持することが当たり前すぎて、前述の問いに即答できなかったのではないでしょうか。

 実は、これと同じようなことが、大学進学にも言えるかと思います。

 オープンキャンパスに参加された皆さんにとっては、大学進学は「当たり前」かもしれませんが、講義中にお話ししたとおり、日本の高校生の大学進学率は54.7%(文部科学省「平成30年度学校基本調査」より)であり、高校卒業後に全員が大学に行くわけではありません。

 ご自身にとって、果たして大学に進学することがベストなのかどうか、もしそうであるなら、どの大学、学部を選択するべきか、オープンキャンパス等を通じて、この夏休み中に、よく考えてみていただければと思います。

 その上で、一人でも多くの方が、希望を胸に抱いて、甲南大学への入学を選択されることを願っています。

(経済学部 准教授 林健太)



  • CLOSE

大変申し訳ございませんが、当サイトはこのブラウザでの閲覧に対応しておりません。
一部コンテンツが正常に表示されない可能性がございますので、
お手数ですが下記ブラウザでの閲覧をお願いいたします。