新着情報 NEWS

「甲南高校入学前スクーリング」を終えて

2021年4月08日(木) 共通教育新着情報

 3月8日、甲南高校からの入学者約80名を対象に入学前スクーリングを行いました。これまで引継ぎ式という形で長く実施されてきた行事に、2020年度新たに入学前スクーリングを加える形で行うこととなりました。中高と大学とのより一層の連携という背景もあります。


引継ぎ式の様子


 引継ぎ式も滞りなく終了し、若干の休憩を挟んでスクーリングがスタートしました。テーマは「大学生活での目標を考える」。内容はボランティア、スポーツ、留学、資格等先生方による具体的な説明後、4人グループに分かれてワークショップ。自らの目標をグループメンバーにもわかりやすく発信することをポイントとし、他者の目標から刺激を得たり、他者に伝えたりすることで目標についての整理も進むと考えているからです。

 また今回多くの現役学生にサポーターとして参加してもらいました。実は事前に実施した甲南高校生向けのアンケートに大学生のイメージがよくわからないといった回答が複数みられたことがきっかけです。大学生活について大人が説明するより、実際に現役学生と関わり、直接質問した方がより深く知ることができます。


上級生サポーターとのグループワークの様子


 当日はグループワークのサポーターとして22名の上級生、また先輩体験談のスピーカーとして甲南高校から進学した3年生、4年生が各1名ずつ、計24名の協力を得て、和やかな中にも熱心な質疑応答が行われました。最後に体験談を話してくれた2名の上級生の話も将来を見据えた立派な内容で、高校生たちも自らのロールモデルとして真剣な表情で聞き入っていました。終わってみれば、予定された時間では足らないほどの充実した時間となりました。


先輩による体験談


 今回多くの方に協力いただき無事に終了することができました。この場を借りて改めて御礼を申し上げます。

                            (共通教育センター 特任准教授 武田佳久)