新着情報 NEWS

先端医療を支えるナノとバイオの世界を体験〜 〜神戸医療産業都市・京コンピュータ一般公開に参画

2016年11月11日(金) フロンティアサイエンス学部新着情報
 神戸市は市民の医療水準の向上と、神戸経済の活性化のために毎年様々なイベントを開催しています。
 11月5日(土)には、「神戸医療産業都市・京コンピュータ一般公開」が開催され、フロンティアサイエンス学部も同イベントに参画しました。
 
 本学部が第1回から参画してきたこのイベントも今年で6回目、神戸市民にとってはおなじみのイベントとなっており、ポートアイランドキャンパスには約700名の来場者が詰めかけました。最先端の医療・研究に身近に触れることができる8つの実験体験講座や、DNAカードゲーム、遺伝子暗号の謎解きなど、子供から大人まで、誰でも楽しめる多くのイベントを通じて、様々な方々と交流することができました!

 
それでは来場者の声を聞いてみましょう。
「毎回、体験実験楽しみにしています。人気の実験はすぐに予約がうまってしまって全部まわれないのが残念! もう一日やってもらいたいです!」
「遺伝子暗号の謎を解くのはとても難しいです。でもスタッフの学生さんの説明をきいて納得しました。これからカードゲームに行ってきます。今度は負けないように頑張ります!」
「昨年初めて参加してとても楽しかったのでまた来ました。普段使えないような器具にも触れて楽しかったです」
 「子どもにも分かりやすいテーマ設定と、スタッフや学生さんの暖かいホスピタリティーに感動しました!」
 他にも、「全部回りたいので、実験はもう少し短いものにした方が良い」、「研究室の見学の時間をもっと増やしてほしい」など、来年度以降のイベントに非常に参考になるご意見もいただきました。
 
 スタッフとして参加した学生たちは、40名以上。わずか一日でしたが、ベビーカーに乗った赤ちゃんから、中高生、お父さん・お母さん、おじいちゃん・おばあちゃん世代まで、思い思いにふれ合い、いつもの行事とは少し違う、神戸市の「市民」イベントから多くのことを学ぶとともに、参加された皆様からは、多くの感謝のお言葉をいただきました。


 アンケート結果にもあるように、一度参加された方々がリピーターとして大勢足を運んでくださるのは、積極的に、また楽しんで参加してくれる学生スタッフの存在やその力もひとつの理由ではないでしょうか。
 今回のこのイベント、高校生の皆さんにも多数、参加いただいています。
 ぜひ来年は…、いや来年も、ポートアイランドキャンパスでお会いしましょう!
 
(文責:フロンティアサイエンス学部教授 赤松謙祐)