新着情報 NEWS

「管理会計」の授業で実務家による講義を実施しました。

2018.7.10(火)経営学部
 7月9日(月)に、「管理会計」の授業において実務家の方をお招きし、「ファミリーレストランの経営管理」について講義をしていただきました。今回お越しいただいたのは、株式会社ジョイフル常務取締役ならびに株式会社フレンドリー社長の小野哲矢様です。小野様からは、「新規出店の意思決定プロセス」「新規メニューの価格設定」「店舗の業績評価」などについて、とても分かりやすい説明を懇切丁寧にしていただきました。
 経営学部では、企業や組織で必要とされる実践的な能力・スキルの習得を重視しています。その一環として今回は、管理会計の理論を実務にどのように適用したらよいかという視点から実務家の方にお話をしていただきました。
 受講した学生からは、「実際のケースを活用した授業で分かりやすく、管理会計の重要性が理解できた」「現実の企業では、授業で学ぶ様々な理論が用いられていることが実感できた」「リーダーの本気度で部下は変わるという言葉に感銘を受けた」といった意見が寄せられました。(経営学部長 杉山善浩)

 
  • CLOSE

大変申し訳ございませんが、当サイトはこのブラウザでの閲覧に対応しておりません。
一部コンテンツが正常に表示されない可能性がございますので、
お手数ですが下記ブラウザでの閲覧をお願いいたします。