おしゃれな街・神戸の私立大学として100年の伝統を持つ甲南大学で、充実の学生生活を送りませんか。

  • 新着情報 NEWS

    ご入学おめでとう!

    2018.4.23(月)経済学部

     2018年4月2日(月)に入学式が開催されました(写真上)。全8学部で2220人、経済学部では397人の新入生を迎えました。長坂悦敬学長は、「大学には学部での教育に加えて、グローバルゾーンのポルトや留学制度、地域連携センターによるボランティア活動や地方創生プロジェクト、4つのサーティフィケイト制度、そしてさまざまな部活やサークルなど、みなさんに交流しチャレンジしていただく機会を用意しています。ぜひ自ら個性を伸ばし、それを力にしてください」と話しました。
     
     4月5日(木)に新学期が始まり、11日(水)には経済学部1年生が履修する『基礎ゼミⅠ』の時間に、履修ガイダンスと歓迎会が行なわれました(写真下)。まず森先生が卒業するために必要な条件と履修上の注意を、クイズ形式で分かりやすく説明しました。次に、21人の専任教員の一人ひとりが、歓迎の言葉とエールを送りました。たとえば、
    奥田先生:「自分の決めた道を歩きなさい」、
    高先生 :「MyKonan(マイ・コーナン)を上手に使って大学生活に慣れてください」、
    小山先生:「マイペースでいこう」、
    柘植先生:「ニュースを見て新聞を読んで、社会問題に関心を持ってください」
    などのアドバイスをもらいました。
     
     僭越ながら、私も、「この4年間に、立派な先生と友人に出会うでしょう。しかし、友情を深めても、彼らの信者になってはいけない。何事についても、自分の意見を根拠とともに語れるようになってほしい。私はみなさんと肩を並べて議論し交流して、『信者のいない助言者』になりたい」と話しました。この学部で、学問の面白さと人間的な成長を実感できるたくさんの授業に出会ってほしいと願います。(経済学部長 上島康弘)

     
    • CLOSE

    大変申し訳ございませんが、当サイトはこのブラウザでの閲覧に対応しておりません。
    一部コンテンツが正常に表示されない可能性がございますので、
    お手数ですが下記ブラウザでの閲覧をお願いいたします。