新着情報 NEWS

【FIRST】キャリアセミナーを開催しました!

2018.1.18(木)フロンティアサイエンス学部
 フロンティアサイエンス学部では、甲南大学父母の会よりご支援をいただき、学生のキャリアをサポートするイベントを、これまで毎年開催しています。学生からの希望をもとに、企業訪問・見学や、社会人の方の話を聴講できる機会を設けており、「将来どんな職に就きたいか」「院進学・キャリアパスをどうするか。」「企業とは何か」「就職活動の際や実際に現場で働くにあたっての心得」などの理解を深め、考えてもらう活動を行っています。
2017年12月・2018年1月と続けて、キャリアセミナーを実施しました。
 
 12月14日(木)には、北海道大学 電子科学研究所 特任助教の石井宏和先生にお越しいただきました。石井さんはFIRST大学院の初年度からの院生として2013年度に博士(理工学)の学位を取得され、FIRSTのOBとしてはじめて大学教員となられた方です。お話の中では、研究のこと以外にも、アメリカでの留学経験やFIRSTでの学びをどのように活かしたか、また将来キャリアを築く上での考え方などお話しいただきました。
 多くの学生が企業への就職をするFIRSTですが、アカデミックなポジションで研究を進めていくという身近な先輩の体験談に、将来への大きな希望をもった人も多かったのではないでしょうか。
 また、講演会終了後には、石井さんと親交のあった後輩達や希望者との懇親会を開催しました。卒業してからもこのように、後輩との交流の機会を持ってくれる、FIRSTのいいところです。
    
(左:講演の様子、右:懇親会の様子)
 
 年が変わって1月12日(金)には、味の素株式会社より、柿山喬様、株式会社カネカより、安藤高史様と嵜本捺愛様にお越しいただきました。それぞれの企業で研究開発業務に従事され、それぞれに違った経歴をお持ちの3人より、社会人研究者とは?企業研究ってどういったもの?についてお話しいただきました。
 とくに、嵜本さんは2017年春にFIRST大学院を修了し、カネカに入社されてまだ1年目です。在学生にとって身近な先輩からキャリア形成に向けてのアドバイスをたくさんいただくことができました。
 参加した学生からは時間が足りなくなるほどの多くの質問が寄せられ、まもなく就職活動で企業を訪問する3年生にとっても刺激のある内容だったようです。
(左上:味の素 柿山様講演の様子、右上:参加した学生、左下:カネカ 安藤様講演の様子、右下:カネカ 嵜本様講演の様子)
 
 今後もフロンティアサイエンス学部では、講演会や企業訪問などの機会を通じて、学生のキャリア形成につながる活動を行ってまいります。
【フロンティアサイエンス学部では、ブログ「サイエンス島の学生研究者たち」でも情報を発信しています。ぜひ、そちらもあわせてご覧ください。】
 
(文責:フロンティアサイエンス学部 キャリア委員会 西方敬人・臼井健二)
  • CLOSE

大変申し訳ございませんが、当サイトはこのブラウザでの閲覧に対応しておりません。
一部コンテンツが正常に表示されない可能性がございますので、
お手数ですが下記ブラウザでの閲覧をお願いいたします。