新着情報 NEWS

「矯正と保護」~現場で学ぶ刑事政策ゼミ・レポート第4弾~

2017.12.20(水)法学部
 2017年11月30日、刑事政策ゼミの「更生保護」研究班3名は、神戸保護観察所を訪問し、細木直久統括保護観察官から、保護観察処遇の実際について、基礎から、事例を交えて詳しく、対話形式で学びました。  
 その翌日の12月1日は、「刑事政策」の講義に、法務省矯正研修所大阪支所教頭阪上秀治先生をお迎えし、何度も入所する受刑者が6割を占めていることなど矯正の現状についてお話を伺いました。阪上先生は本学法学部を卒業後、法務本省をはじめ9刑事施設に勤務され、学生時代は、体育会弓道部の副将として活躍されました。
(法学部教授 前田 忠弘)
  • CLOSE

大変申し訳ございませんが、当サイトはこのブラウザでの閲覧に対応しておりません。
一部コンテンツが正常に表示されない可能性がございますので、
お手数ですが下記ブラウザでの閲覧をお願いいたします。