新着情報 NEWS

【スポ健】「お家芸」を学ぶ

2017.11.7(火)共通教育
 2020年の東京オリンピック開催まであと1000日を切りました。東京だけでなく、兵庫県や神戸市では、東京オリンピックに参加予定の国々に対する事前合宿誘致が計画されており、甲南大学にとってオリンピックは身近な存在になってきています。
 さて、皆さんはオリンピックにおける日本の「お家芸」をご存知でしょうか?柔道、体操競技、競泳の3種目です。これらの種目はメダルの獲得数が多く、オリンピックでの注目度も高い種目です。これらの「お家芸」の中でも柔道は、日本発祥の文化であるだけでなく、世界的にも広く普及しています。特にフランスをはじめとするヨーロッパ各国では絶大な人気を誇っています。
 甲南大学では、体育授業の一種目として「健康柔道」を開設しています。柔道を全く行ったことのない学生から、柔道経験者さらには授業のリピーターなど男女を問わず、色々なレベルの学生が一堂に会して柔道を楽しんでいます。技を覚える楽しみだけでなく、「日本で柔道を学んだ」という経験は海外の柔道愛好家達との最適なコミュニケーションツールにもなり得ます。
 東京オリンピックのホスト国の一員として、わが国固有の運動文化である「柔道」を学んでみませんか。(スポーツ・健康科学教育研究センター 吉本忠弘)

曽我部准教授による技術指導/柔道を楽しむ仲間たち
  • CLOSE

大変申し訳ございませんが、当サイトはこのブラウザでの閲覧に対応しておりません。
一部コンテンツが正常に表示されない可能性がございますので、
お手数ですが下記ブラウザでの閲覧をお願いいたします。