新着情報 NEWS

韓国の順天郷大学主催の国際フォーラム・シンポジウムで講演を行いました。

2017.10.24(火)フロンティアサイエンス学部
 10月19日、韓国の順天郷大学で開催されたGLIFS 2017 – Global Learning Innovation Forum and Symposiumで、私、西方が「Improvement & Impact of Multidisciplinary Education =What we have done in the Kobe Biomedical Innovation Cluster=」と題した講演を行いました。
 この講演は、昨年の10月、順天郷大学からSUH Kyoil学長をはじめとする同大学関係者13名と通訳1名からなる視察団が本キャンパスを訪問され(当時の記事はこちら)、本学部・研究科の教育システムの説明と産学で学生のキャリア教育を進める「ナノバイオ産学連携コンビニエントプラン」を紹介したことがご縁で、同大学から招待を受け、実現しました。
 同フォーラム・シンポジウムでは、本学をはじめ、米国のスタンフォード大学、カリフォルニア州立大学バークレー校、マサチューセッツ工科大学、アリゾナ州立大学,カナダのウォータールー大学,ドイツのベルリン工科大学、中国の青島工科大学,南京大学等各国からの講師が登壇しました。


 
 世界的にCO-OP教育(大学等の教育機関が主体となり、産学連携により専門分野に関連した職業体験を教育プログラムの一環として行うもの。)が注目されており、今後、大学院教育の多様化が注目されていることを理解する上で有意義な機会となりました。
 講演の前後には、同大学のSUH学長はじめ、KIM副学長、HWANG副学長等、多数の先生方と挨拶・会談し、双方のこれからの交流について意見交換をおこないました。
 FIRSTらしい国際交流の実現に向けた、今後の展開にご期待ください。
 
【フロンティアサイエンス学部では、ブログ「サイエンス島の学生研究者たち」>>>でも情報を発信しています。ぜひ、そちらもあわせてご覧ください。】
(フロンティアサイエンス研究科長・教授 西方敬人)
 
 
  • CLOSE

大変申し訳ございませんが、当サイトはこのブラウザでの閲覧に対応しておりません。
一部コンテンツが正常に表示されない可能性がございますので、
お手数ですが下記ブラウザでの閲覧をお願いいたします。