おしゃれな街・神戸の私立大学として100年の伝統を持つ甲南大学で、充実の学生生活を送りませんか。

  • 新着情報 NEWS

    外国語としての日本語

    2017.3.30(木)共通教育
     
     大学生になったら外国に行ってみたいと思う方もいると思います。皆さんがもし留学したら外国の大学で学ぶように、甲南大学でも、海外からの交換留学生が日本語や日本文化を学んでいます。
     日本語を知らない留学生に教える場合の日本語は、外国語としての日本語と呼びます。教えるためには、日本人であっても日本語をよく知らないとむずかしいものです。そのため、国際言語文化センターには日本語を教えることを専門とする教員がおり、日本語や教え方の言語としての研究も行っています。
     海外からの留学生にとっては、日本の学生と交流することも大切な学びの機会です。甲南大学では留学生と甲南生とが日常的に交流できる「グローバル・ゾーン」があります。そこでは、自国と相手の国の言語や文化について、教えあったりチャットしたりしています。


     
     国際的な街、神戸にある甲南大学で学びながら、日本語や文化を教えてみるのも愉しいですよ。
    (文責・国際言語文化センター 谷守正寛)
    • CLOSE

    大変申し訳ございませんが、当サイトはこのブラウザでの閲覧に対応しておりません。
    一部コンテンツが正常に表示されない可能性がございますので、
    お手数ですが下記ブラウザでの閲覧をお願いいたします。